So-net無料ブログ作成
docomo ドコモ どこも ブログトップ

docomo ドコモ どこも [docomo ドコモ どこも]

富士通東芝モバイルコミュニケーションズ製のスマートフォン「REGZA Phone」が、auのIS seriesだけでなく、ドコモ向けにも登場する。4インチのフルワイドVGA液晶にワンセグ、FeliCa、赤外線通信など、日本独自の仕様を盛り込んだAndroidスマートフォンだ。
 富士通東芝モバイルコミュニケーションズがドコモ向けに供給する新たなスマートフォン「REGZA Phone T-01C」は、これまでの東芝製スマートフォン「dynapocket T-01A」や「dynapocket T-02A」のWindows Mobile路線から一転、AndroidをOSに採用したモデルとなっている。


ボディカラーはメローボルドー、モイストブラックの2色 ディスプレイは4インチのフルワイドVGA(480×854ピクセル)で、モバイルレグザエンジン3.0を採用。ワンセグやYouTubeの映像を高画質で視聴できる。またカメラには有効約1220万画素のAF対応CMOSを搭載しており、高画質な写真撮影が可能だ。ハイビジョン動画の撮影にも対応している。FeliCaを搭載しているため、電子マネーやケータイクレジットなどの各種サービスが利用可能。さらにワンセグや赤外線通信ポートなども備える。


電源ボタン、シャッターキー、ボリュームキーなどは右側面に備える もちろんiモードと同じ「@docomo.ne.jp」のメールアドレスが利用できるspモードにも対応しており、ドコモが提供する専用のアプリケーションマーケット「ドコモマーケット」もサポート。IPX5/IPX7等級の防水性能も備え、ハイエンドケータイに勝るとも劣らない高機能が魅力の1つだ。FOMAハイスピードのHSUPA 5.7Mbpsに対応しており、上りの通信が速いのも特筆すべきポイントだ。

 また富士通東芝が独自に開発したNX!UIを備える点も特徴の1つ。ホーム画面のウィジェットやショートカットを自分の使い方に合わせて配置できるほか、テキストや手書き文字、写真、動画など、気になるものを簡単にメモできる「STARMEMO」をプリインストール。mixiやTwitterのアカウントは、アドレス帳にまとめて管理できるのもポイントだ。日本語入力システムにはAndroid版のATOKを採用する。

 製品には、T-01Cをテレビのように設置できる卓上ホルダも同梱している






















docomo ドコモ どこも ブログトップ
ネットで稼ぐ、お金を稼ぐ、簡単に稼ぐ
携帯で簡単に、お金を稼ぐ方法
情報起業で独立を目指す、鬱病アフィリエイターのブログ
お金と遊びとショッピングと
アドセンスで稼ぐアフィリエイト初心者でも月10万円

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。